日本語


オーナー

JPEG - 15.8 kb

コスティエール・ド・ニームでワインを造る男の情熱

コスティエール・ド・ニームでラパテルが営むワイン畑は、良い意味で自由な農園です。

ラパテルのワインは、肩書きや AOC法(原産地呼称統制法)、ワイン醸造技術にとらわれず、こだわり抜いた独自な方法で造られています。

オーナーのGérard Eyraud は、こう言います。

「ラパテル…それは私の分身だよ。だから愛しているしとても気に入っているんだ。皆でこのワインを分かち合いたいと願うよ。流行?そんなものは関係ないね。コーラを作っている訳じゃないんだ。私は造りたいものを造るだけさ。」

そして、彼の見事なテクニックにより、ラパテルの農園では今にもしゃべり出し歌い出しそうな葡萄が生まれるのです。


未成年者の飲酒は法律で禁じられています。お酒は20歳になってから。
サイトポリシー | サイトマップ | | お問い合わせ