日本語


ワインセラー

葡萄の愛情を感じる

ドメイン・ドゥ・ラパテルの葡萄は多種多様であり、グルナッシュ、シラー、カリニャン、サンソー、ムールヴェードル、カベルネ、メルロー、マルセラン、ルサンヌ、シャザン、ブルブレンク等です。主に赤ワインの為の葡萄を作っており、白ワインの為の葡萄はヘクタールのみです。

Gérard Eyraud は、葡萄の株を子供のように可愛がっており、すべて手作業で行い、化学肥料は一切使わず、化学肥料の代わりに独自の方法で漢方のような煎薬を作っています。安全なラパテルの畑にいるテントウムシは嬉しそうに彼の仕事を見守るのです。

雑草についても除草剤を使わず、芝刈り機を使います。芝刈り機を使う理由は、50年前の祖父の時代に子羊を飼っていたので、自分もいずれ子羊を飼おうと思っている為です。将来の子羊の為に、雑草がたくさん生えても除草剤は使用しないと決めています。

これらの事により、ラパテルのワイン畑は奇跡的な葡萄を生むのです。

生産量は多くありませんが、とても甘く、しっかりとした味の葡萄ができます。まさに魔法にかかった、蜂蜜のように甘い葡萄になるのです。



未成年者の飲酒は法律で禁じられています。お酒は20歳になってから。
サイトポリシー | サイトマップ | | お問い合わせ